朗読について

志月かなでが怪談師になる前は、ただ、朗読が好きな少女でありました。

それは、通っていた声優養成所でのひとまく。

「朗読は、毎日やらないとうまくなりません。」

この講師の言葉を胸に、三日坊主になりがちな私は

「よし!じゃあ、毎日インターネットで朗読を放送しよう!!」と思い立ったのでした。

声優事務所に入ることはなく、怪談師の道に進みましたが、

演じることが、いまも大好きです。

朗読の依頼を受け付けています

森鴎外朗読コンテストにて受賞の経験がございます。

講演依頼も、コラボのお声がけも、

こちらより、お気軽にお問合せくださいませ。

現在Youtubeに動画を投稿中です

三日坊主になりがちですが、Youtubeにも自分のチャンネルを持ちました。

よかったら、こちらからチャンネル登録をお願い致します。

声のお仕事募集中

今も声優の仕事が楽しいと感じています。

出演依頼も、コラボのお声がけも、

こちらより、お気軽にお問合せくださいませ。

私が朗読をする理由

朗読って、いいものですよ。
怪談の朗読しか聴いたことがない方にも、是非聴いていただけたらなあと思っております。
それくらい、かなでは朗読を愛しています。
愛しているからには、半端な表現は致しません。

わたしが、朗読を聴いて面白いなと思うのは
「自分の解釈ではたどり着けなかった世界を表現された瞬間」です。
その台詞、私は悲しいものだと思ってた。
でも、8割が悲しくて、2割は嬉しいんだ。
そっかあ、そういう読み方もあるのかあ……。
って、こんな気持ちにさせることが出来たら成功だと思っています。

朗読について心がけていること

朗読はね、読んでる方が楽しいだけじゃいけないと思います。
それは、家でひとりでやっていればいいことです。
聴いてる人が、なにか持って帰ることができなくちゃ、お金をいただく表現とは言えないと思います。

機会がございましたら、どうか、気軽な気持ちで構いません。
ものがたりに触れに来てください。

こっそりアフィリエイトリンク。
このページ経由でリンクをクリックした後にamazonで商品を購入すると、アフィリエイトポイントが発生する仕組みとなっています。
もしamazonでお買い物をするときは、このページを思い出してくれたら嬉しいです。