朗読について

私は怪談師になる前、声優を目指していました。
声優養成所で、恩師に「朗読は、毎日やらないとうまくなりません。」と言われたことをきっかけに、毎日練習することを決めました。
そこで外部の先生にも朗読を習いつつ、とにかく毎日朗読するにはどうしたら良いか考えました。
私は三日坊主になりがちなので、誰かに聞いてもらわなくちゃいけない。
結果、「よし!じゃあ、毎日インターネットで朗読を放送しよう!!」と思い立ったのでした。

声優事務所に入ることはなく、怪談師の道に進みましたが、演じることは今も大好きです。
お役に立てることがあればいつでも気軽にご連絡くださいね。

朗読の依頼・声のお仕事依頼を受け付けています

森鴎外朗読コンテストにて受賞経験の他、東京都助成金事業にてナレーションの実績があります。
講演依頼も、コラボのお声がけも、
こちらより、お気軽にお問合せください。

現在Youtubeに動画を投稿中です

三日坊主になりがちですが、Youtubeにも自分のチャンネルを持ちました。

よかったら、こちらからチャンネル登録をお願い致します。

私が朗読をする理由

朗読だけは、たぶん一日中やっていても飽きないんじゃないかな。それくらいに好きです。
誰かの書いた文章を声に出すとき、そこには私だけのオリジナルの要素が入ると思っています。
だから私と私以外の朗読はきっと全然違うものです。

小説を読むのは楽しいです。出版社に確認を取らないといけないので、読みたいものがたくさんあっても、インターネットで配信しているものは基本的には著作権切れの青空文庫のものになります。私の朗読は怪談しか聴いたことがないという方にも、是非聴いていただけたら嬉しいです。

朗読を聴いて面白いなと思うのは「自分の解釈ではたどり着けなかった世界を表現された瞬間」です。
その台詞、私は悲しいものだと思ってた。でも、8割が悲しくて、2割は嬉しいんだ。そっかあ、そういう読み方もあるのかあ……。
色々な方の朗読を聞いて、そういう気付きをたくさん得てきました。

朗読はね、読んでる方が楽しいだけじゃいけないと思います。それは、家でひとりでやっていればいいことですからね。
機会がございましたら、どうか、気軽な気持ちで構いません。ものがたりに触れに来てください。

こっそりアフィリエイトリンク。
このページ経由でリンクをクリックした後にamazonで商品を購入すると、アフィリエイトポイントが発生する仕組みとなっています。
もしamazonでお買い物をするときは、このページを思い出してくれたら嬉しいです。