人生全部をコンテンツ化するのはきゅうくつなこと

日々色々な媒体に目を通します。
紙媒体の本はもちろん、SNSで流れてくる情報もピックアップして目を通したり。
そういう中でふと気が付いたことがありました。

人生全部をコンテンツ化するのはきゅうくつなこと

人生全部をコンテンツ化するのはきゅうくつだ~と、数日前から思っています。
なので、ブロガー的なことは早々にやめました。(前回記事参照)
怪談とねこのこと以外を考えている時間もあるけど、それらを言語化してインターネットに載せないという選択も大事。
それくらいのゆるさでちょうどよいと思います。

あれもこれも記事にしようと思うと、生活の全てを一つ一つ丁寧に、深く掘り下げる必要が出てくるように思います。
けれど、そこについての私個人の知識は浅いものだから、結局誰かに求められるレベルの記事にはならず、
個人的にうすい内容で本数を量産し、書いたような気になって(伝わったような気になって)
自己満足をしてしまうなと思ったのです。

ブログは、書く側としても、読んでもらう方にも面白いと思ってもらえるように続けていきたいからこそ、
インターネット上では出す情報とあえて出さない情報を分けていくことにします。
過去に私は「自分が隠していた部分をつまびらかにしていく感覚に、まだ少し慣れません」と書いていました。
その感覚が正しかったのだと、今、あらためて思います。

つまびらかにされるときはいやだってくらいに暴かれる

最近のメディア報道を見ていると、芸能人のスキャンダルについて
「ここまでするか」「どうやって調べているんだろう」と思います。
身近な人からのリークだったり、取材されて話してしまう友人がいたりするのでしょうか。

わたしの友人も過去に報道されたことがあります。
その時、私には文春さんから取材依頼が来ましたが、無視をしました。
「私の知っている情報を、彼らに渡したくない」と思ったからです。
私の知人にも電話が入ったりしたそうですが、その方も何かを話すことはなかったと言います。

求められた時に、必要以上に暴かれるのはある種の暴力だと思っています、が、
求められていないのに必要以上に曝すのは、ある意味公然わいせつみたいなものかな……と、
ふっと思ったのでした。

気長に続けていきますね。

6/18(日)怪談紙芝居 ご予約受付中!

最後に、今週末のイベントの告知です。なんと、あと4日!!
合計150枚超えの超・紙芝居をその目で是非ご覧くださいませ。

怖い、でもちょっと泣ける。
そんな作品を、プロジェクターで投影します。
6/18(日)怪談紙芝居「にゃんにゃプロジェクト」お披露目会
ルデン街劇場
⏰6/18(日)18:30開演
🈁新宿ゴールデン街劇場
🎫ご予約いただけたらにゃんにゃ(2200)でご案内🐱❤️

ご予約、お待ちしております。