9月2日(土)は志月かなで単独朗読会です。東中野に遊びにきてね。

こんばんは!かなでです。
とうとう明日が朗読会になりました。

東中野のちいさなジャズバーで行われる朗読会。
濃密な「物語」と「声」の時間に身をゆだねてみませんか?
今回は志月かなでの単独公演となり、
「志月かなでに影響を与えた絵本」の朗読と「怪談朗読」を予定しております。
貴重な機会をお見逃しなく!

初秋の朗読会

ジャズバーで朗読会はいかが?
9/2(土)「初秋の朗読会」開催

東中野のちいさなジャズバーで行われる朗読会。
濃密な「物語」と「声」の時間に身をゆだねてみませんか?

日時 9月2日(土)13:00 開場
第一部 13:15~14:00(45分)
※途中15分間の休憩を挟みます。
第二部 14:15〜15:00(45分)

※第一部と第二部の間で途中入場・途中退場も可能です

場所:東中野bigriver 東京都中野区東中野4-2-27 JR中央線東中野駅徒歩30秒

出演者
志月かなで(怪談師・女優)

料金
投げ銭+ツードリンク1000円

主催
東中野bigriver、志月かなで
会場が非常に小さいため、ご予約をお願いしております

※ご予約はコチラまで、お名前と枚数を添えてご連絡をお願い致します

私が朗読をする理由

朗読って、いいものですよ。
怪談の朗読しか聴いたことがない方にも、是非聴いていただけたらなあと思っております。
それくらい、かなでは朗読を愛しています。
愛しているからには、半端な表現は致しません。

機会がございましたら、どうか、気軽な気持ちで構いません。
ものがたりに触れに来てください。

わたしが、朗読を聴いて面白いなと思うのは
「自分の解釈ではたどり着けなかった世界を表現された瞬間」です。

その台詞、私は悲しいものだと思ってた。
でも、8割が悲しくて、2割は嬉しいんだ。
そっかあ、そういう読み方もあるのかあ……。

って、こんな気持ちにさせることが出来たら成功だと思っています。

朗読について心がけていること

朗読はね、読んでる方が楽しいだけじゃいけないと思います。
それは、家でひとりでやっていればいいことです。
聴いてる人が、なにか持って帰ることができなくちゃ、お金をいただく表現とは言えないと思います。
だから、がんばっています。
応援しに来てくださいね(^_-)-☆