ありがとうの気持ち

次の四月で、「志月かなで」としてデビューして、満四年になります。
ここまで続けて来られたのは、応援してくださる皆様のおかげです。

デビューしてから今日に至るまで、どの場面でも、いつもだれかが、応援してくれました。
わたしはよくいろんなことに躓くから、そういったとき、何度も「ここがどん底だ」と思う場所に落ちて、今までの自分の活動を振り返ったり、今自分がどこにいるのかと自問したりします。

そういう時に、いつも思い浮かぶ顔があって、本当にありがたいなあと思います。
高校生のとき、自分を揶揄う人がいて、殺してしまいたい、ボールペンで刺してしまいたい、つらい、消えてしまいたい、と思っていました。
だけど誰のことも殺せるわけなどなくて、逃げてしまいたくて、死んでしまいたくて、死にたくなるたび、自分の小さなときの写真がたくさん貼ってあるアルバムを見て、これだけ大切にされているのだと振り返って、死ねないと思って泣きました。
ファンの皆さんは、今の私にとって、あのアルバムと同じだけ、わたしを引き留めてくれる大切な存在です。
だから、誕生日だとか、手紙をかける機会がある時に、泣いちゃうなと思いながらいつも手紙を書いたりしています。

その人たちのことを、わたしはあまり知らないなと思います。
どんなことに悩んで、どんな風に生きて来て、どんな気持ちでわたしに会いに来てくれているのか、まだまだ知らないことも多いです。
ただ、ものすごく、感謝をしています。あなたが、かなでに会いたいと思ってくれなくては、関係が続けられないからです。
「○○さん、こんにちは。いつもありがとうございます!」と、面と向かって言えるのは、あなたがいつもイベントに来てくれるから。
志月かなでが活動を続けられるのは、あなたが応援してくれているから。
たとえば、毎年誕生日を祝ってくれるあなた。
島根からイベントのために来てくれるあなた。
わたしが高校生や大学生の時にやっていたネットラジオの時から応援してくれているあなた。
名古屋に行けば、岐阜に行けば、必ず会いに来てくれるあなた。
サロンに入って応援してくれているあなた。
群馬で怖い話を集める時車で案内してくれたあなた。
こんなのはどうですかと、お仕事を作ってくれるあなた。

いつも応援してくれて、ファンでいてくれてありがとう。

決して派手ではないけれど、少しずつ、できることは増えています。
おばあちゃんになっても、語り手でいられるように。物語の担い手となれるように。
日々、適度に息抜きもしながら、前を向いて歩いて行きます。

よく転んでしまって、心配をかけたりもするけれど、必ず立ち直るから見守っていてください。
これからも、どうぞよろしくお願いします。

シェイクスピア『夏の夜の夢』の台本

部屋の掃除をしていて、養成所時代の台本が出てきた。
書き込みがたくさんしてある。
夏の夜の夢。シェイクスピアシアター出身の吉沢希梨さんにつけていただいた授業の初回で、
ヘレナの台詞を褒めていただいて、それからヘレナはわたしの中で特別だった。

シェイクスピアの詩のような台詞には、感情がとてもストレートに乗せることが出来て、今でもたまに諳んじる。

どれだけへたくそでも、その日のために動ける自分でありたい。

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます!
昨年も大変お世話になりました。志月かなでです。

今年で志月も怪談生活5年目に入るということで、気合を入れて頑張っていこうと思います。
昨年末に無事、『群馬の怖い話』を脱稿いたしました。
初めての単独著書なので大変緊張しておりますが、皆さんに楽しんでいただけるようにと考えながら筆を執った次第です。
発売の際は、ぜひ一冊ご購入下さいますと幸いです。

また志月は現在怪談サロンの運営を行っております。
こちらで月一回程度の集まりを行っておりますので、もしご興味がございましたら、ご参加いただけますと幸いです。
Facebookを覗くだけで、オフ会に参加しない場合は、月額500円で参加いただけます(*^^*)
Twitterよりも濃い絡みができますので、興味がある方はぜひよろしくお願いします。
(現在6名のメンバーと和やかに運営しております)

また、現在、『三重の怖い話』を収集しております。
思い当たる方、三重での怪談体験がございます方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡お待ちしております。
今年は少しでもホームページの更新を上げていきたいと思っておりますので、引き続き応援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

1月1日 志月かなで